SANYO DENKI(山洋電気) PRODUCTS

安全上のご注意

エアーフローテスターに関する安全上のご注意

機器の知識,安全の情報,注意事項について熟知してからご使用ください。
人への危害,物的損害を防止するため,必ずお守りいただくことを説明しています。
安全注意事項のランクを「警告」「注意」として区分してあります。

警告表示

警告警告

取り扱いを誤った場合,危険な状況が起こりえて,死亡または重傷を受ける可能性が想定される場合。

注意注意

取り扱いを誤った場合,危険な状況が起こりえて,中程度の傷害や軽傷を受ける可能性が想定される場合,および物的損傷のみの発生が想定される場合。

なお,注意 注意に記載した事項でも,状況によっては重大な結果に結びつく可能性があります。いずれも重要な内容を記載していますので必ず守ってください。

禁止,強制の絵表示

禁止禁止

禁止(してはいけないこと)を示します。

強制強制

強制(必ずしなければならないこと)を示します。

警告警告

使用上の注意

  • 爆発性,引火性および腐食性ガスの雰囲気,水および油のかかる環境や可燃物の近くでは,絶対に使用しないでください。感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • 本機器を測定物と接続する作業や,測定準備のため移動させるなどの場合は,通電状態でおこなわないでください。必ず主電源を遮断しAC電源ケーブルを抜いて,POWER ランプの消灯を確認した後に,作業をおこなってください。感電のおそれがあります。
  • ぬれた手で本機器を使用しないでください。感電のおそれがあります。
  • 絶対に分解したり修理,改造をおこなわないでください。感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • AC電源ケーブルを傷つけたりしないでください。感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • 本機器より異常音,異常な臭い,煙などが発生した場合や本機器内に水などの液体が混入した場合は,速やかに主電源を切り,電源プラグを抜いてください。
    感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • ご使用の前に必ず取扱説明書を読んでいただき,その指示に従って正しくお使いください。誤った使い方をされると,感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • AC電源ケーブルが付属している場合,必ず付属のAC電源ケーブルを使用してください。不適切なAC電源ケーブルを使用すると,感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • AC電源ケーブルが付属していない場合,取扱説明書の「9.2 仕様」を満足する適切な定格のAC電源ケーブルを選定してください。不適切なAC電源ケーブルを使用すると,感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • 本機器の電源を入れる前に接地機能を備えた電源コンセントに接続し,必ず本機器を接地してください。接地が不十分な場合,感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。

注意注意

使用上の注意

  • 「塩害が発生する可能性のある地域」や「海水の影響を受ける可能性のある地域」では,使用しないでください。塩害による故障,破損のおそれがあります。
  • 本機器は,内部に電源を内蔵しているため表面温度が高くなる部位がありますので,ご注意ください。火傷のおそれがあります。
  • 本機器を,使用範囲外で使用しないでください。感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • 故障,破損および焼損した本機器は,使用しないでください。感電,けが,火災のおそれがあります。
  • 使用しない時は,主電源をOFFにして,AC電源コードを抜いてください。感電,けが,火災,故障,破損の原因となります。

運搬

  • 製品の過積載は,荷崩れの原因となりますので外箱の表示に従ってください。けが,破損のおそれがあります。
  • 運搬時は,転倒すると危険ですので十分ご注意ください。けがのおそれがあります。
  • 本機器の質量は大きいので,取り扱いの際に十分注意してください。腰痛など,けがのおそれがあります。

取り扱い

  • 本機器に無理なストレスをかけたり,本機器上に重いものを載せたり,上にのったりしないでください。破損,故障,感電,けがのおそれがあります。
  • 本機器は,持運びハンドルを持って運搬してください。けが,故障,破損のおそれがあります。
  • 本機器を落下させたり,強い衝撃を与えないでください。故障,破損の原因となります。
  • 本機器を接続ダクトが付いた状態や三脚等が付いた状態で移動する場合,落下,転倒させないように注意してください。けが,故障,破損のおそれがあります。
  • 使用方向を守ってください。故障,破損のおそれがあります。
  • 吸排気口から異物が入らないようにしてください。けが,故障,破損のおそれがあります。
  • 60°C以下の不燃物に取り付けてください。火災,故障,破損のおそれがあります。

電源ケーブル接続

  • AC電源ケーブルの接続は,取扱説明書に従って正しく確実におこなってください。感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。

操作・運転

  • 極端な入力電源電圧の変動下での使用は,動作が不安定になる可能性があります。決しておこなわないでください。感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • 運転中は補助ファンが回転します。吸気,排気口から異物が入らないように注意してください。
    また,排気側から指を入れないように注意してください。けが,火災,故障,破損のおそれがあります。

保守・点検

  • 本機器に使用している部品(ファンモータ,ガスケット,電解コンデンサ,センサー,LED,スイッチ類)には,経年劣化があります。予防保全,測定精度の維持のため,推奨点検年数を目安に保守・点検をおこなってください。保守・点検および修理は,当社までご連絡ください。お客さまでの分解はおこなわないでください。分解すると,動作不良,感電,けが,火災,故障,破損の原因となります。

禁止禁止

取り扱い

  • ダクトに鋭利な物をあてないでください。ダクトの生地が破れるおそれがあります。

操作・運転

  • 入力電圧範囲を超える過電圧が印加された場合,感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。絶対に仕様を超える電圧での使用はしないでください。
  • 付属の通信用ケーブルに静電気,高電圧などを印加しないでください。故障,破損の原因になります。
  • 本機器には3極-2極変換アダプタは使用しないでください。感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。

保管

  • 雨や水滴のかかる場所,有害なガスや液体のある場所では,保管しないでください。故障,破損の原因になります。

保守・点検

  • 分解点検および修理をおこなわないでください。感電,けが,火災,故障,破損の原因になります。
  • 絶縁抵抗,絶縁耐圧の測定は,おこなわないでください。故障,破損のおそれがあります。
  • 主電源がONの状態でAC電源ケーブルを抜き差し(活線挿抜)すると,発生するサージ電圧によって,電子部品が故障,破損するおそれがありますので,絶対におこなわないでください。感電,けが,火災のおそれがあります。
  • 銘板を取り外さないでください。本製品の識別ができなくなり,製品保証ができなくなります。
  • シンナー・ベンジン等の溶剤で本機器を拭かないでください。変形,変質,変色,故障,破損するおそれがあります。

強制強制

操作・運転

  • 異常が発生した場合は,直ちに運転を停止してください。感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • 異常時に備え,主電源をいつでも“OFF”にできる状態を確保してください。主電源を“OFF”に出来ない場合,感電,けが,火災,故障,破損のおそれがあります。
  • エラー発生時は,原因を取り除き,安全を確保してから再開してください。
  • 決められた温度,湿度範囲内でご使用ください。故障,破損の原因になります。
    温度0 ~ 40°C / 湿度20 ~ 85% RH(結露なきこと)
  • 感電,けが,火災,故障,破損の防止のため,AC電源ケーブルが付属している場合は,必ず付属のAC電源ケーブルを使用してください。
  • 感電,けが,火災,故障,破損の防止のため,AC電源ケーブルが付属していない場合は,取扱説明書の「9.2 仕様」を満足する適切な定格のAC電源ケーブルを選定してください。
  • 感電,けが,火災,故障,破損の防止のため,本機器の電源を入れる前に接地機能を備えた電源コンセントに接続し,必ず本機器を接地してください。

保管

  • 直射日光の当たる環境,高温多湿の環境下で保管しないでください。故障の原因になります。保管する際は,直射日光を避けた常温・常湿環境下で保管してください。
  • 本機器の保管が長期間に渡った場合は,当社までお問い合わせください。長期間の保管により部品が劣化し,メンテナンスが必要となる可能性があります。

廃棄

  • 本機器を廃棄する場合は,産業廃棄物として処理してください。

最終更新日:2022年2月

  •