SANYO DENKI(山洋電気) 製品一覧

遠心ファン

遠心ファンは,遠心方向に風を送り出すファンです。特に静圧に優れ,実装密度の高い装置の冷却に最適です。
通信装置,サーバ,ストレージ,熱交換器などに使用できます。

仕様から検索

技術を駆使し羽根の形状を最適化

山洋電気は 国内初のファンを作り上げて以来,産業用機器,通信機器,医療機器など様々な分野においてファンを提供してきました。こうした長年の経験と実績をもとに性能を最大限引き出すよう羽根を設計。 高風量・高静圧でありながら低騒音を実現しました。

消費電力低減のため,モータ・回路を徹底的に見直し効率アップ

モータおよび回路を徹底的に見直し,効率を改善することで低消費電力を実現しました。

高風量・高静圧なのに低消費電力・低騒音を実現

開発にあたり,省エネルギー化を最大のポイントとし,必要な風量・静圧を確保しつつ消費電力と騒音を低減するためにさまざまな工夫をしました。業界トップクラスの高風量・高静圧と省エネルギー性能の両立を実現しました。

「PWMコントロール機能」がさらなる消費電力・騒音低減に貢献

「PWM コントロール機能」搭載モデルでは,ファンの回転数を外部よりコントロールすることができます。状況に応じてファンの回転数をきめ細かくコントロールすることで,装置全体の消費電力と騒音の低減をもたらします。

  •  
使用許諾契約書

本使用許諾契約書は,山洋電気株式会社のソフトウェア(以下,本ソフトウェアという)に関する,お客さまと山洋電気株式会社およびグループ会社(以下山洋電気グループという)の間の契約です。

お客さまが,本ソフトウェアをダウンロードした場合,本使用許諾契約書の条件に同意したものとみなされます。

1.使用権の許諾

山洋電気グループはお客さまに対して非独占的な使用権を許諾するものとし,お客さまは,山洋電気グループより購入頂いた対象製品を使用する場合において,本ソフトウェアの使用およびインストール(アップデート)を行うことができます。

お客さまは,山洋電気グループの書面による事前承諾を得ることなく,本ソフトウェアを第三者へ貸与,譲渡できないものとし,かつ本ソフトウェアに担保権を設定することはできないものとします。なお,お客さまが山洋電気の書面による事前承諾を得て第三者へ貸与,譲渡する場合,お客さまは当該第三者に対して本使用許諾契約書の規定を遵守させなければなりません。

2.著作権 知的財産権

本ソフトウェアおよび付属の印刷物(電子媒体も含む)に関する著作権,特許権,商標権,ノウハウおよびその他の全ての知的財産権は,山洋電気に独占的に帰属します。

また,山洋電気グループの許可無く,本ソフトウェアをネットワーク上にアップロードすることはできません。

3.保証範囲

山洋電気グループは,本ソフトウェアに関して,取扱説明書に記載されている動作・機能を保証します。ただし,次の各号の場合は保証範囲外となります。

  1. (1)本ソフトウェアを指定外の動作環境および指定外の製品で使用した場合。
  2. (2)本ソフトウェアを取扱説明書に記載されていない使い方をした場合。
  3. (3)本ソフトウェアを改造した場合。
4.免責事項

本使用許諾契約書に記載された保証範囲外のいかなる損害について,山洋電気グループおよびその供給者は一切の責任を負わないものとします。

お客さまが指定外の動作環境および指定外の製品に,本ソフトウェアをインストール(アップデート)を行った場合の動作不具合について,山洋電気グループは責任を一切負いません。

5.合意管轄

本契約の履行に関して,問題が発生した場合は東京地方裁判所を管轄裁判所として解決するものとします。

6.準拠法

本契約は,日本国法に準拠するものといたします。