SANYO DENKI(山洋電気) PRODUCTS

安全上のご注意

San Ace コントローラに関する安全上のご注意

機器の知識,安全の情報,そして注意事項について熟知してからご使用ください。
人への危害,物的損害を防止するため,必ずお守りいただくことを説明しています。
本取扱説明書では,安全注意事項のランクを「警告」「注意」として区分してあります。

警告表示

警告警告

取り扱いを誤った場合,危険な状況が起こりえて,死亡または重傷を受ける可能性が想定される場合。

注意注意

取り扱いを誤った場合,危険な状況が起こりえて,中程度の傷害や軽傷を受ける可能性が想定される場合,および物的損傷のみの発生が想定される場合。

なお,注意注意に記載した事項でも,状況によっては重大な結果に結びつく可能性があります。
いずれも重要な内容を記載していますので必ず守ってください。

警告警告

  • 人命に関わる医療機器などの装置へ使用される場合は,十分な安全対策および事前評価を実施して頂いた上で,お客さま自身の責任において,ご使用願います。
  • 社会的・公共的に重大な影響を及ぼす装置へ使用される場合は,十分な安全対策および事前評価を実施して頂いた上で,お客さま自身の責任において,ご使用願います。
  • 本製品は,車載,船舶用途を想定した設計になっておりません。車載や船舶など振動が加わる環境で使用される場合は,十分な安全対策および事前評価を実施していただいた上で,お客さま自身の責任において,ご使用願います。
  • 配線は正しく確実に行なってください。感電,やけど,火災のおそれがあります。
  • 爆発性雰囲気では使用しないでください。火災,けが,やけどのおそれがあります。
  • 活電部が露出した状態で運転を行なわないでください。感電のおそれがあります。
  • 運転中に発火,発煙,異臭,異音などの異常が発生した場合は,直ちに電源を切って使用を中止してください。感電,けが,火災のおそれがあります。
  • 運搬の際に落下や転倒などの衝撃を与えないでください。製品故障のおそれがあります。
  • 製品の取り扱いは,相応の資格や知識を持つ方が,お客さまの責任のうえで行なってください。
  • 製品に対する分解,修理,改造は行なわないでください。感電,けが,火災のおそれがあります。

注意注意

取り扱いについて

  • 設置,取り付け,接続,配線,移設などの作業は,相応の資格や知識のある方が行なってください。また,これらの作業は通電状態で行なわないでください。
    けが,感電,やけど,火災のおそれがあります。
  • 絶縁抵抗,絶縁耐圧測定の際は,絶対に端子には触れないでください。感電のおそれがあります。
  • 製品の分解や改造は行なわないでください。機能や性能を保証できないだけでなく,感電,けが,やけど,火災のおそれがあります。

使用上の注意について

  • 本製品は,「一般産業用機器への組込み用」として設計製造された製品です。組込み用途以外のご用途にはご使用になれません。
  • 装置運転中に本製品が停止した場合の装置保護については,装置側でご考慮ください。
  • 温度や電圧など,仕様条件を越えた使い方をしないでください。感電,けが,火災,故障,性能劣化のおそれがあります。
  • 銘板を剥がさないでください。また,後日銘板が確認できなくなるような装置への組込みは行なわないでください。
  • 電源のON/OFFは製品の電源スイッチで行ってください。製品故障のおそれがあります。
  • 製品をマイナス電源で使用しないでください。製品故障のおそれがあります。
  • 製品を操作する際に部品に過度な力を加えないでください。製品故障のおそれがあります。
  • お客さまが本製品を車輌または船舶に組み込んで使用する場合,製品の車載または船載環境に起因する不具合に対して 当社は責任を負わないものとします。

取り付けについて

  • 製品の取り付け固定は,製品質量を考慮したうえで確実に行なってください。製品や部品の脱落にともなうけがや装置故障のおそれがあります。
  • 製品の通風口を壁や物でふさがないでください。製品の故障や誤動作,故障のおそれがあります。
  • ねじで固定する場合には,ねじの締付けトルクに注意してください。締付けトルクが推奨値より大きい場合は,製品の変形,破損のおそれがあります。
  • 接続配線の際には,適切な静電気対策を施してください。本製品や装置を故障させるおそれがあります。
  • 接続配線は正しく行ってください。装置の故障や製品の誤動作,故障のおそれがあります。
  • 配線の活電部は絶縁カバー等で覆い,配線同士がショートしないよう注意してください。装置の故障や製品の誤動作,故障のおそれがあります。

使用環境について

  • 引火性/腐食性ガスの雰囲気中,水や油のかかる環境,粉塵や湿気の多い環境,結露が発生する環境,放射線や直射日光が当たる場所,塩分を含む潮風や海水の当たる環境,硫黄成分を含む温泉や火山灰,有機溶剤,酸・アルカリ性薬品などの腐食性物質,核燃料物質などの有害物質などにより,製品が汚染される可能性のある環境下では,使用および保管は避けてください。火災,故障,性能劣化の原因となります。
  • 継続的な振動や強い衝撃が加わる場所,磁界が強い場所,輻射による電磁ノイズの強い場所,電源ラインに電磁ノイズが重畳する環境での使用および保管は避けてください。製品の故障のおそれがあります。
  • 急激に変化するような環境下(温度変化,湿度変化など)での使用および保管は避けてください。製品の故障のおそれがあります。

保守点検について

  • 保守,点検の作業は,相応の資格や知識のある方が行なってください。感電,けが,やけど,火災のおそれがあります。
  • 保守点検は,電源を切った状態で行なってください。感電,けが,やけど,火災のおそれがあります。
  • 製品の清掃にガソリン,シンナー,ベンジンなどの有機溶剤を使用しないでください。製品の変形や性能劣化のおそれがあります。

無線電波について

  • 本製品の無線回路を分解または改造すると,法律で罰せられることがあります。
  • 本製品は2.4 GHz周波数帯の電波を利用しています。以下の機器や無線局の近くで本製品を使用した場合,電波干渉が発生する場合があります。
  • 産業・科学・医療機器(電子レンジ,無線LAN機器,防犯機器,心臓ペースメーカなど)
  • 免許を要しない無線局(特定省電力無線局)
  • 免許を要する無線局(工場の製造ラインなどで使用されている移動体識別用の構内無線局,アマチュア無線局)
  • 心臓ペースメーカなどの医療機器に影響が及んだ場合,速やかに本製品の電源を切ってください。
  • 電子レンジ付近,静電気や電波障害の発生する場所,金属ドアで遮断された部屋などでは使用しないでください。使用環境により,電波が届かない場合があります。

その他注意事項

  • 本製品は,輸出貿易管理令別表第一の16の項(第90類32項)に該当します。製品を単体あるいは,装置に組み込み,海外に輸出する場合は,経済産業省が定める「キャッチオール規制」に基づく,「インフォーム要件」「客観要件」の検討と併せて,必要な輸出手続の実施をお願いします。
  • 製品を廃棄する場合は,産業廃棄物として処理してください。処理方法については最寄りの自治体の手順に従ってください。

最終更新日:2022年2月

  •