SANYO DENKI(山洋電気) 製品一覧

SANMOTION T

低速時の安定に優れ,高分解能エンコーダを組み合わせることによって高精度な位置決めを実現します。また,制御機能や充実した各種ユーザ支援機能により,最適運転のセットアップを簡単にできます。
計測機器,一般産業機械などに最適です。

仕様から検索

低速時の安定動作

DCサーボモータは,電気的時定数が小さいので停止時または低速時の応答性に優れています。
当社の「SANMOTION T」は,コギングトルクの低減により,低速でも速度リップルの少ない安定した動作が得られます。また,高性能タコジェネレータや高分解能のエンコーダを取り付けることができるので,微小な速度リップルも検出して抑制することが可能です。

低電圧仕様対応

23W,40W,60Wのモータは,モータ巻線仕様を24V系列にすることができます。
電源電圧が低いと,サーボアンプの小型化が容易にできます。また,安全面で優位なため医療機などの安全規格が厳しい用途にも適しています。

制振制御,外乱抑制機能でシステムの精度向上を実現

フィードフォワード制振制御機能が機械先端の振動や機台振動を抑制します。また,多軸構成時には外乱オブザーバが他軸からの振動を抑制します。さらに,位相遅れを低減させる4段ノッチフィルタが機械系の共振を抑制し,高応答化を実現。
これらの機能により,システムの精度をアップし,サイクルタイムを短縮します。

制振制御,外乱抑制機能でシステムの精度向上を実現

PC上で簡単にセットアップとチューニング

各種パラメータの設定からジョグ機能による試運転まで,初期セットアップをPCから簡単におこなうことができます。また,新アルゴリズムを用いたイナーシャ同定機能と各種設定により,応答性を高めたオートチューニングが実現できます。
さらに,位置・速度・トルクなどのモニタ波形を分かりやすくグラフィック表示させる波形トレース機能やシステムアナリシス機能などの支援機能は,システムのチューニングを強力にサポートします。
「SANMOTION T」サーボアンプは,当社のACサーボシステム「SANMOTION R」と同じセットアップソフトウェアが使えます。

PC上で簡単にセットアップとチューニング

電力損失30%減を達成,ランニングコスト削減に貢献

低損失パワーモジュールの採用により,主回路の電力損失を30%低減。小型化と高効率化を両立しました。ランニングコスト削減に貢献します。

アンプ,モータともに海外の製品安全規格に準拠

サーボアンプは標準仕様で海外の製品安全規格(UL,c-UL,EN規格)に準拠しており,サーボモータはEN規格を取得したものを選択可能です。

全機種が防水・防塵規格「IP43」に準拠

すべての機種が防水・防塵規格の保護等級「IP43」に準拠しており,埃や油,水滴などの影響を防ぎます。

※ 軸貫通部,ケーブル端を除く。

  •  
使用許諾契約書

本使用許諾契約書は,山洋電気株式会社のソフトウェア(以下,本ソフトウェアという)に関する,お客さまと山洋電気株式会社およびグループ会社(以下山洋電気グループという)の間の契約です。

お客さまが,本ソフトウェアをダウンロードした場合,本使用許諾契約書の条件に同意したものとみなされます。

1.使用権の許諾

山洋電気グループはお客さまに対して非独占的な使用権を許諾するものとし,お客さまは,山洋電気グループより購入頂いた対象製品を使用する場合において,本ソフトウェアの使用およびインストール(アップデート)を行うことができます。

お客さまは,山洋電気グループの書面による事前承諾を得ることなく,本ソフトウェアを第三者へ貸与,譲渡できないものとし,かつ本ソフトウェアに担保権を設定することはできないものとします。なお,お客さまが山洋電気の書面による事前承諾を得て第三者へ貸与,譲渡する場合,お客さまは当該第三者に対して本使用許諾契約書の規定を遵守させなければなりません。

2.著作権 知的財産権

本ソフトウェアおよび付属の印刷物(電子媒体も含む)に関する著作権,特許権,商標権,ノウハウおよびその他の全ての知的財産権は,山洋電気に独占的に帰属します。

また,山洋電気グループの許可無く,本ソフトウェアをネットワーク上にアップロードすることはできません。

3.保証範囲

山洋電気グループは,本ソフトウェアに関して,取扱説明書に記載されている動作・機能を保証します。ただし,次の各号の場合は保証範囲外となります。

  1. (1)本ソフトウェアを指定外の動作環境および指定外の製品で使用した場合。
  2. (2)本ソフトウェアを取扱説明書に記載されていない使い方をした場合。
  3. (3)本ソフトウェアを改造した場合。
4.免責事項

本使用許諾契約書に記載された保証範囲外のいかなる損害について,山洋電気グループおよびその供給者は一切の責任を負わないものとします。

お客さまが指定外の動作環境および指定外の製品に,本ソフトウェアをインストール(アップデート)を行った場合の動作不具合について,山洋電気グループは責任を一切負いません。

5.合意管轄

本契約の履行に関して,問題が発生した場合は東京地方裁判所を管轄裁判所として解決するものとします。

6.準拠法

本契約は,日本国法に準拠するものといたします。