SANYO DENKI(山洋電気) 製品一覧

SANMOTION R

高効率なサーボモータと高度な制振制御を搭載したサーボアンプからなる,高性能ACサーボシステムです。応答性を格段に向上しつつ,高分解能エンコーダにより,飛躍的な軌跡精度・位置繰り返し精度の向上を実現。サイクルタイムを短縮し,生産効率を高めるキーパーツとして常に最適のパフォーマンスを提供します。

仕様から検索

サーボモータ

R2サーボモータ中慣性 ラインアップの豊富な中慣性サーボモータです。ロボット,射出成形機,一般産業機械などに最適です。 R1サーボモータ低慣性 高加速度で,俊敏に動作できる低慣性サーボモータです。検査装置などに最適です。 R5サーボモータ中慣性 滑らかな運転に最適な中慣性サーボモータです。

サーボアンプ

SANMOTION R 3E Model 高応答をはじめとした基本性能を進化させ,省エネルギーや使いやすさを追求したACサーボアンプです。

バッテリレスアブソリュートエンコーダ「Model No.HA035」

寿命部品であるバッテリを使用しないので,メンテナンスフリーを実現できます。高い精度が求められる工作機械・射出成形機・ロボットなどの産業用装置,輸送機器に最適です。

バッテリレス

バッテリ交換などのメンテナンスが不要で,工数と時間が大幅削減できます。

高分解能

1回転内の分割数は最大8,388,608分割(23bit)です。
装置の細かな制御が可能です。

耐環境性

使用温度範囲が-20℃~+105℃と広く,環境振動は最大で147m/s2(15G)です※1
従来よりも厳しい環境で使用することができます。

※1 サーボモータへ搭載した際の使用温度と環境振動は,サーボモータの仕様によります。

高速位置決め制御でサイクルタイムを短縮

速度周波数応答は,当社従来比で約2倍の2.2kHzを実現しました。※2
また,位置決め整定時間は1/3に短縮しました。軌跡制御と位置決め制御をリアルタイムに切替える機能を搭載し,装置のサイクルタイムを大幅に削減します。

※2 アンプ容量10 ~ 50Aの場合。当社従来品ACサーボアンプ「SANMOTION R」ADVANCED MODELとの比較。

高速位置決め制御でサイクルタイムを短縮 イメージ

制御精度の向上

応答性が上がったことで,ゲインを高めることができます。また,モータ停止時の微振動を抑える機能,装置の共振を抑える適応ノッチフィルタと,フィードフォワード制振制御を搭載。ノッチフィルタは当社従来品の4段から5段になり,より細かく振動を抑制できます。※3
工作機械の送り軸を高い精度で制御できますので,加工品質が大幅に向上します。

※3 当社従来品AC サーボアンプ「SANMOTION R」ADVANCED MODELとの比較。

制御精度の向上 イメージ

安全トルク遮断(Safe Torque Off)の安全性能向上

安全トルク遮断(STO)の安全性能を向上し,国際規格である"SIL3"/IEC61508,"PL=e"/ISO13849-1に適合しました。高い安全性が必要な装置にもお使いいただけます。

ACサーボシステム「SANMOTION R ADVANCED MODEL」

高性能・小型ACサーボシステムです。
「SANMOTION R」シリーズの優れた制御技術を継承するとともに,次世代フィールドバス「EtherCAT」「PROFINET」など,さまざまな機能を搭載した機種をラインアップしています。サーボシステムに要求される外乱抑圧特性・ロバスト性をより高い次元で実現し,サイクルタイムの短縮に貢献します。

高さ・幅を抑えたコンパクト設計

筐体のサイズはSANMOTION Rシリーズの従来品に比べ,最大15%の小型化を達成。基盤の小型化と装置の省スペース化,および省資源化に貢献します。

安全機能搭載モデルをラインアップ

STO機能(セーフトルクオフ機能)をラインアップし,安全性を向上しました。二重化された遮断回路によりPWM制御信号を強制的にオフすることで,安全にモータのトルクを遮断できます。(「IEC61800-5-2:セーフトルクオフ」と「IEC60204-1ストップカテゴリ0」で定義。また,安全規格「IEC61508/IEC62061,SILCL2」と「ISO13849-1:Cat3,PL=d」を取得。)

高速域の瞬時最大トルクが15%向上

起磁力相差角制御と励磁電流の最適化の技術により,同じ型番のモータを使用しても高回転数領域で瞬時最大トルクが15%向上しました。

高出力トルク制御

モデル追従制振制御を搭載

SANMOTION R ADVANCED MODELにはモデル追従制御を搭載。上位からの信号はモデル制御系に入り,モデル制御系の出力を通常のフィードバック制御系へ与えています。
モデル追従制振制御を使用すると,減速停止後の整定時間が従来の制振制御の半分に短縮されます。

モデル追従制振制御

オープンシリアル通信規格「EtherCAT」を搭載

SANMOTION R ADVANCED MODELは,EtherCATインタフェース搭載モデルをラインアップ。「EtherCAT」は,Ethernetを産業用に応用した通信速度100Mbpsの次世代高速オープンフィールドネットワークです。シリアル通信のため,ユニット間の省配線化に貢献します。正確な同期性とオープン性を備えた,これからのサーボシステムに最適なフィールドバスです。

「SANMOTION R」14mm角ACサーボモータ

高性能・小型ACサーボシステムです。
業界トップクラスの小型化を達成しながら高精度の制御を実現しています。マウンタのヘッド部,小型XYテーブル,半導体製造装置・検査装置など,装置の軸間の短縮が求められる機構に最適です。

「業界最小クラス」の取付け角寸法を実現

新しい巻線技術の導入により,業界最小クラス※4のフランジサイズ14mm×14mmを実現しました。モータを実装するスペースが小さい装置などに最適で,装置の小型化に大きく貢献します。

※4 2009年3月開発当時,当社調べによる

「17bit高分解能」で高精度の位置決め制御が可能

新開発の17bit(131,072分割)高分解能,超小型アブソリュートエンコーダを搭載し,高精度の位置決め制御,および低速域での安定性を実現します。
またアブソリュートエンコーダの特長として,起動時間の短縮化や不意の停電時における迅速な復旧が可能です。

トルク-回転速度特性図定格トルク-周囲温度特性図

装置にベストマッチのサーボシステムを提案・実現

山洋電気ではユーザーの要望に応え,装置に合わせたモータのカスタマイズもおこないます。サーボモータに関する豊富な知識とノウハウを駆使し,装置にベストマッチするサーボシステムをユーザーと一緒に実現していきます。

  •  
使用許諾契約書

本使用許諾契約書は,山洋電気株式会社のソフトウェア(以下,本ソフトウェアという)に関する,お客さまと山洋電気株式会社およびグループ会社(以下山洋電気グループという)の間の契約です。

お客さまが,本ソフトウェアをダウンロードした場合,本使用許諾契約書の条件に同意したものとみなされます。

1.使用権の許諾

山洋電気グループはお客さまに対して非独占的な使用権を許諾するものとし,お客さまは,山洋電気グループより購入頂いた対象製品を使用する場合において,本ソフトウェアの使用およびインストール(アップデート)を行うことができます。

お客さまは,山洋電気グループの書面による事前承諾を得ることなく,本ソフトウェアを第三者へ貸与,譲渡できないものとし,かつ本ソフトウェアに担保権を設定することはできないものとします。なお,お客さまが山洋電気の書面による事前承諾を得て第三者へ貸与,譲渡する場合,お客さまは当該第三者に対して本使用許諾契約書の規定を遵守させなければなりません。

2.著作権 知的財産権

本ソフトウェアおよび付属の印刷物(電子媒体も含む)に関する著作権,特許権,商標権,ノウハウおよびその他の全ての知的財産権は,山洋電気に独占的に帰属します。

また,山洋電気グループの許可無く,本ソフトウェアをネットワーク上にアップロードすることはできません。

3.保証範囲

山洋電気グループは,本ソフトウェアに関して,取扱説明書に記載されている動作・機能を保証します。ただし,次の各号の場合は保証範囲外となります。

  1. (1)本ソフトウェアを指定外の動作環境および指定外の製品で使用した場合。
  2. (2)本ソフトウェアを取扱説明書に記載されていない使い方をした場合。
  3. (3)本ソフトウェアを改造した場合。
4.免責事項

本使用許諾契約書に記載された保証範囲外のいかなる損害について,山洋電気グループおよびその供給者は一切の責任を負わないものとします。

お客さまが指定外の動作環境および指定外の製品に,本ソフトウェアをインストール(アップデート)を行った場合の動作不具合について,山洋電気グループは責任を一切負いません。

5.合意管轄

本契約の履行に関して,問題が発生した場合は東京地方裁判所を管轄裁判所として解決するものとします。

6.準拠法

本契約は,日本国法に準拠するものといたします。